読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べある記

主に、福岡を中心とするグルメの食べ歩き

筑豊ラーメンフェスティバル

先週の

北九州ラーメン王座選手権に引き続き、

今週は、

飯塚市のイオン穂波ショッピングセンターで開催されている

筑豊ラーメンフェスティバル

に足を運んでみました。

 



f:id:egaogaicchiban:20170326121435j:image
f:id:egaogaicchiban:20170326121419j:image

会場は、なかなかの盛況ぶり。

200人くらいは集まっていたでしょうか。

北九州ラーメン選手権に比べて、

店前の呼び込みがけっこうエグい

ひっきりなしに大声で呼び込みやってました。

 

筑豊地方にはめったに用事の無い私は、

なかなか訪れるのにおっくうな

この周辺で出店しているラーメン屋を

優先的に並ぶことにしました。

王(わん)ちゃんラーメンの

まぜそば


f:id:egaogaicchiban:20170326123952j:image


f:id:egaogaicchiban:20170326124003j:image
f:id:egaogaicchiban:20170326124035j:image
名古屋では市民権を得ている

台湾式まぜそば

福岡ではなかなか馴染みが無い

変わり種ではありますが、

以前、

ももクロさんのドームツアーにて

ナゴヤドームを訪れた時に

その近所の

台湾まぜそばを食べたときに

衝撃的な感動を覚えた経験があり

 

まぜそばには非常に好印象を持ってました。

【食べてみた】名古屋・麺屋ささき|RINOQのブログ

故に、

今回、真っ先に食してみました。

具材は、

味付された鶏挽き肉、ニラ、フライされたごぼう?なんか根菜的なもの?水菜、そしてキザミ海苔。

それらと、中細麺を、器の底に潜んでいる辛い油と混ぜ混ぜし、実食。

 

麺は、モチモチとした生パスタのような食感。

渾然一体となった具材と共に食べると、

あの感動が再び!

ヤバい、まぜそば、神やんか!

 

もともと関東に住んでいた私は、

油そばフリークでもありますので、

とにかくこの舌にまとわりつく麺のねっとり感の虜になっているのです。

 

かなり高評価でした!

自己評価・10点満点中、9点!

 

らぁめん鉄兵 宮若店の

豚骨らぁめん


f:id:egaogaicchiban:20170326125242j:image


f:id:egaogaicchiban:20170326125255j:image

二店目は、

宮若市本城にお店がある

らぁめん鉄兵の

豚骨らぁめん。

オーソドックスな具材。

チャーシュー、ネギ、キクラゲ。

麺は細ストレート。

これもオーソドックスな九州麺。

実食。

馴染み深い、

私が愛する豚骨ラーメンのど真ん中の味!

これはどストライクの直球勝負。

豚骨の濃さ、麺の風味、具材、

どれをとっても私が一番好みの味わい!

文句なし!

自己評価・10点満点中、10点!

 

来々軒の豚骨ラーメン


f:id:egaogaicchiban:20170326125821j:image
f:id:egaogaicchiban:20170326125833j:image
3店目は、

同じく宮若市福丸に店を構える

来々軒の豚骨ラーメン。

このお店で特徴的だったのは

豚骨ラーメンなのに

スープが白濁色ではなく、

透き通った黄金色だったということ。

食べてみると、

なるほど、

塩ラーメンではない。

紛れもなく、豚骨。

具材は、豚ロースのチャーシュー、ネギ、キクラゲ、そしてメンマ。

麺は細ストレート。

印象的だったのはスープが旨い!

いわゆるオーソドックスな白濁豚骨スープもいいがこういうベクトルの豚骨スープもアリだな、と思わぬ発見が出来ました。

 

全体的に、マルタイの某、棒ラーメン

彷彿とさせる味。

どうりで好きな訳だ。

ただ、メンマが少し甘すぎたのが・・・

 

自己評価・10点満点中、8点。

 

原ラーメン店の豚骨ラーメン


f:id:egaogaicchiban:20170326130631j:image


f:id:egaogaicchiban:20170326130645j:image
f:id:egaogaicchiban:20170326130657j:image
4店目。

飯塚市秋松の原ラーメン店の

豚骨ラーメン。

パンフ情報だと、

脱サラして始めたラーメン屋だそうで、

後味に甘味が残るかなり偏ったラーメン、

とのこと。

具材は、豚バラチャーシュー

大ぶりで厚切り。

ネギ、キクラゲ。

麺は細ストレート。

まず、並々器ギリギリまで注がれた白濁の泡立つスープを飲んでみると、

最初は、濃厚な豚骨の味わい、それから

抜けて出てくる後味の甘味。

悪くない甘味。

いわゆる糖分の甘味でなく、野菜の甘味。

これは不思議な味わい。

個性発揮。

とかくど真ん中の豚骨ラーメン像を

追求する昔ながらの豚骨ラーメンフリークに

一石を投じる

新感覚派の豚骨ラーメン。

これはこれで悪く無いです。

 

他の人にも口コミで伝えたくなる味だからです。

 

関東だと、間違った豚骨スープ像が乱立して、辟易してましたが、これは、従来の豚骨スープを踏襲しながらも、店主の一捻りのこだわりが伺える作品で、非常に好感の持てる味でした。

 

自己評価、10点満点中、8点。

 

麺屋ゆぶきの塩ラーメン
f:id:egaogaicchiban:20170326134909j:image


f:id:egaogaicchiban:20170326134926j:image

5店目、飯塚の名店。麺屋ゆぶき。

去年、嘉穂劇場での

水曜日のカンパネラのライブ参戦後に

初めて訪れて

名物の限定メニュー

かぼすラーメンを食べたときの

衝撃が忘れられず

(食べてみた)飯塚市 麺屋ゆぶきの地鶏かぼすラーメン|RINOQのブログ

今回は

出店限定の

塩ラーメンを

たのみました。

(それにしても、このお店だけ、

唯一、醤油、塩、味噌と選べる三種類の味を

出店してました。企業努力!)
f:id:egaogaicchiban:20170326134938j:image
具材、チャーシュー、ネギ、キクラゲ、色味に細唐辛子。

麺は細ストレートでしたが、断面が丸い!

この食感が独特!

しかし、ながら、肝心のスープ、

今回、欲張って三種類の味を用意したばかりに、

やや繊細さに欠ける、大味な仕上がりだった気がします。

違う意味での塩味。惜しい。

塩はごまかしの利かない繊細な仕込みが必要だという難関なので、

今回、黒胡椒や香味油の入れすぎでくどくなってしまった点は非常に残念でした。

自慢の醤油一点で勝負したほうがよかったかもしれません。

 ハードルを上げて期待していただけに、

評価も厳しく、

自己評価、10点満点中、4点。

 

麺屋・千寿の豚骨ラーメン

6店目、イオンモール穂波に程近い、地元店、

麺屋千寿。
f:id:egaogaicchiban:20170326140102j:image

 

 

f:id:egaogaicchiban:20170326140111j:image

具材、ネギ、チャーシュー、キクラゲ、

お好みで紅しょうが。

麺は細ストレート。

スープは白く泡立った豚骨。

実食してみると、

うーん、どれもこれも可もなく不可もなく、

どれがいい、悪い、といった点のない、

豚骨ラーメン。

敢えていうなら

もう少しチャーシューの仕込みをしっかりしてもらえると、その作り手の意気込みとかが伺えて感動の一助になるのかもなあなんて

素人ながら生意気な感じを抱いてしまいました。

自己評価、10点満点中、5点。

 

と、先週と同じく6品食べて、

ここで天候が荒れ、雨模様に。
f:id:egaogaicchiban:20170326140801j:image

あと二品ほど食べたい感じはしましたが、

これも次回に持ち越し、

会場を後にしました。

 

今回は、豚骨といってもまだまだいろんな種類のスープがあるものだ、と、新しい発見が出来たフェスでした。

次回もまた機会があれば変わり種のラーメンを食べたいものです。